不動産売買 | 賃貸物件 | 土地 | 戸建 | 香川県高松市 | 株式会社マリン・ライフ | オーナーのコラム

オーナーのコラム

 

マリン・ライフの広告はビーグル犬のマークを使用している事はお気付きでしょうか?
ビーグル犬は、愛嬌者・食いしん坊・機敏な動きに優れている事でよく知られています。

実は10年程前、シンボル犬の「チャンプ」は高齢の為18歳(人に例えると125歳)にて天国で永住してしまいました。

ずっと前にこの欄にてビーグル犬についてお伝えしていましたので、いつか報告だけはしておかなければと思っていました。

歯もなくなり、目も見えづらく、耳も聞こえにくく、風貌も白髪が目立ち、足もヨタヨタ・・・。
でも抱っこや手押し車で散歩に連れていくと、嬉しそうな表情をして、少しでも声を出そうとする姿は今でも忘れられません。
忙しさのせいにして、構ってあげられなかった事に心痛みます。

今では庭の土の中で眠っていますが
チャンプはチャンプ!! 今でもマリン・ライフの広告塔として
明るく元気よく横目で皆様に物件アピールの為、活躍してもらっています。
                                   チャンプへサンキュ


チャンプショックが癒えた1年くらい後、柴犬「剣(けん)」(茶色、雄)と巡り合いました。
観音寺方面の犬好きなブリーダーさん(老若合わせて50匹位自宅で飼っている)からの紹介で
我が家に住むことになったのです。

彼は名前に反して消極的、良く言えば慎ましやかで温厚な性格。近所の評判もまずまず・・・・
朝晩の散歩では「健ちゃん」「賢ちゃん」「ケンちゃん」と呼ばれ、本名を明かすまで、誰も「剣」とは気付きませんでした。

私共が年齢的、体力的に中型犬として適する最後のペット犬となると信じていました。
ところが、私に似てか、孫の一人が突然に「クリスマスプレゼントは剣ちゃんが欲しい・・・他のものはいらない」と言い出したのです。

・・・・・・・・ずいぶん迷いました・・・・・・・・

そして、朝の散歩は必ず本人がする事を条件に養子に出す事に決めました。
結果、孫娘は生まれて初めてとなるワンちゃんにブラッシング、シャンピングを施し、剣をすっかり見違えるほどハンサム犬に仕立て上げたのです。
勿論、彼女の携帯待ち受けは、彼ではなく「剣さま」となっています・・・・


養子にだし、朝夕の散歩もなく、愚痴を言う相手も主人だけではなんとなく手持無沙汰・・・
やっぱり、ワンチャンを側におきたい・・・・
剣はすっかり他家の子になっていて、今更帰って来てとも言えず・・・・。

主人も同じ考えだったらしく、珍しく二人の意見が合致!!!
再びワンチャン探し。

時代劇大好きの主人は「日本人はやはり日本犬だ!」(じゃあ、チャンプはどうなるのか?)
北海道犬を飼おう!と言う事に決まったのです。

北海道犬って?
今ではテレビで有名になった「もの言う犬・赤い首輪」を付けた携帯電話ソフトバンクの白い犬です。

そして2年前、北海道から若干3か月の子犬で飛行機で高松へやって来ました。

では相当長くなりましたので、ここで一区切り、終えます。
犬に興味のない方へは退屈で申し訳ありませんでした。

では早速当社のホームページへお戻りください。
もし、北海道犬について知りたいというご要望を頂きましたら、次回、この欄にてお伝えさせていただきます。

 
バックナンバーへ>>